横浜駅前法律事務所 
神奈川県横浜市西区南幸2-10-15
ライオンズマンション横浜西口704号室
   ご相談受付中   
営業時間:9:00~21:00
定休日 :なし
横浜駅前法律事務所
045-534-3842

足・足指・腿・膝・足首の後遺障害

足・足指・腿・膝・足首の後遺障害に関するご質問

事故で足を怪我してしまいまだ関節に痛みが残っています。後遺障害に認定されますか?

以下、ご説明いたします。

足の関節に痛みがあるということで、関節の動きが悪くなったことに関する後遺障害である機能障害があるといえ、後遺障害に認定される可能性があります。

怪我をしなかった側(健側)と怪我をした側(患側)の可動域を比較により後遺障害の等級が決まります。

どこまで曲がるかという可動域により、①関節の用を廃したものと②関節の機能に著しい障害を残すものと③関節の機能に障害を残すものに分けられます。 

<関節の用を廃したもの>

ア 関節の強直(主要運動が複数ある場合、いずれの主要運動も強直している必要があります)

イ 関節の完全弛緩性麻痺又はこれに近い状態にあるもの(主要運動が複数ある場合、いずれの主要運動も麻痺している必要があります)

これに近い状態にあるものとは、他動で可動するものの、自動では健側の可動域の10%程度以下になったものをいう。

ウ 人工関節・人口骨頭を挿入した関節の可動域が健側の2分の1以下に制限されているもの(主要運動が複数ある場合、複数のうちの一つの主要運動が健側の2分の1以下に制限されていれば足ります)

 <関節の機能に著しい障害を残すもの>

次のいずれかを指します。

ア 関節の可動域が健側の2分の1以下に制限されているもの(主要運動が複数ある場合、複数のうちの一つの主要運動が健側の2分の1以下に制限されていれば足ります)

イ 人工関節・人口骨頭を挿入した関節の可動域が健側の2分の1以下までには制限されていないもの

 <関節の機能に障害を残すもの>

関節の可動域が健側の4分の3以下に制限されているもの(主要運動が複数ある場合、複数のうちの一つの主要運動が健側の4分の3以下に制限されていれば足ります)

 <等級認定>

・両下肢の3大関節(股関節、膝関節、足関節)の用を全廃:1

・1下肢の3大関節の用を全廃したもの:5

・1下肢の3大関節のうち2関節の用を廃したもの:6

・1下肢の3大関節のうち1関節の用を廃したもの:8

・1下肢の3大関節のうち1関節の機能の著しい障害:10

・1下肢の3大関節のうち1関節の機能の障害:12

弊所では、後遺障害認定時よりサポートさせていただいております。後遺障害が認定されるか否かはで賠償額は大きく変わるため、納得のいく解決のためには、十分な準備をしたうえで後遺障害認定手続をすることが重要といえます。

弊所では後遺障害認定から示談交渉、裁判までワンストップでご依頼いただけるので安心してご相談ください。弊所では弁護士費用特約案件、軽傷事故案件も大歓迎です。まずは一度ご相談ください。

お問合せ・ご相談はこちら

横浜駅前法律事務所
045-534-3842
営業時間
9:00~21:00
定休日
なし